由来

北野天満神社は菅原道真公をお祀りする由緒ある神社です。

北野天満神社は、霊顕あらたかな学問の神様で親しまれている菅原道真公をお祀りする由緒ある神社です。
治承4年(西暦1180年)の6月、平清盛公が、京都から神戸に都を移し、「福原の都」をつくるに当たって禁裡守護、鬼門鎮護の神として、京都北野天満宮勧請して祀られた古い歴史をもっています。
神社前の東西の道は、古くから北部の西国街道とあって旅人の往来も多く、歴史上の人物もこの道を歩いて幾多のロマンを残し、特に明治開港と共に、外国人がこの北野山麓に多く住み風光を賞で異国情緒豊かな異人館を残して、神戸の名所に数えられるようになりました。

お祀りしている天神様(菅原道真公)が学問の神様ということもあり、学業成就を祈願に来社される方も多く、絵馬によるご祈願、絵馬を奉納する願かけ所なども境内にあります。また、境内の叶い鯉への祈願が恋愛成就に御利益があるということで、良縁を祈願する叶い恋の絵馬もご奉納できるようになっております。

  • 由来
  • 由来
  • 由来
  • 由来

ページ上部へ戻ります